ナースバンク 看護師 求人 沖縄  回送列車 -out of service- » Blog Archive » 国鉄有馬線探索記・新道場編
トップページ | « | »

9月9日 日曜日

[国鉄有馬線探索記・新道場編]
そんなはすじゃなかった。

盆休み緊急企画です。いやもうお彼岸が近づいていますけどね。
事の顛末は前回をご覧ください。

 

 

降り立ったのは神戸電鉄の神鉄道場駅。
普段なら立ち寄ることもない駅なんですけどね、天気不良にも拘わらず早起きした手前

「このまま帰るのも癪だな」

と言う一心で、ここからとある探索をする事にしました。

IMG_5779
それがこちら。「国鉄有馬線」です。

隣を走る神戸電鉄にお株を奪われ、最後は当時の世情に巻き込まれて休止となった同路線。
70年以上たった現在、その痕跡はよくよく探さないと分からない程度に……

DSC_6380
いや、この辺明らかになんか走ってたでしょ。

気分が乗ってきました。今回はこの調子で、国鉄有馬線の線路跡をたどってみますよ。

 

 

 

DSC_6421
先ほどの案内看板が立つ地点には、この様に橋が架かっております。
しかしこの下は川が流れている訳でもなく、謎の掘割が走っていますね。

DSC_6375
DSC_6381
この掘割こそが国鉄有馬線の線路跡です。石積みの擁壁がまだしっかり残っています。
しばらく歩くと線路跡と道が交差する部分がありまして、ここからの光景だと往時のイメージがしやすいかも。

DSC_6384
その交差部分から、有馬方を向くとこんな感じ。
線路跡らしき砂利道が川の方へ向かって伸びています。

この道自体は途中藪漕ぎになるので迂回します。

 

 

DSC_6387
川との交差地点に差し掛かると再び開けます。とことで線路跡から川に向かって一枚。
この先で線路は有馬川の支流を橋で渡り、新道場駅へと至ります。

橋が架かっていた部分。
DSC_6388
DSC_6392
なんと対岸には橋脚が未だに残っています。

DSC_6399
対岸に回り込み、三田方を向いて一枚。先ほど居た側に橋の痕跡は見当たりません。
むしろこの橋脚が現在も残っている事に驚くべきでしょうか。

DSC_6401
同地点から有馬方を向くとこんな感じ。この辺りの線路跡は、生活道路に転用されています。

DSC_6409
DSC_6408
新道場駅があったのもこの辺り。
見れば宅地とは反対側に謎の空き地があったりして、この辺りが駅跡かな?とか勝手に推測してみたり。

DSC_6396
ちなみに新道場と言う駅名は、最寄りのバス停にしっかりと受け継がれていたりします。
これも個人的には思わぬ発見でした。

DSC_6405
線路跡の探索に戻りまして。

先ほどの生活道路転用部を過ぎても、しばらくはご覧の様に盛り土が残っています。
70年以上たった今でも、こうして目星を付けて行くと結構追いかける事が出来るんですね。

しかしその盛り土も、県道38号線との交点でぷっつりと途絶えます。
この先は開発が進んでおり、線路跡を辿るのは困難な区間がしばらく続くようです。

 

 

DSC_6420
とことで、神鉄道場駅の方まで戻ってきました。
少し通り過ぎて、反対側(三田方)の様子も見てみる事にします。

DSC_6414
おおう。謎の空き地が。

DSC_6418
こちら側もそれとわかる跡がはっきりと残っていました。
普段通ることがあっても意識してないと気づかんもんなんやな……

この線路跡は、国道176号と交わる辺りで途絶えます。

国鉄有馬線自体はこの先塩田駅、そして起点の三田駅へと至ります。
実は以前に塩田駅付近も探索したのですが、その時はあまり線路跡らしきものは見当たりませんでした。

DSC_4424
ただ、“国鉄有馬線”三田駅のホームは未だ残っていたり。……この記事の為に写真撮っといて良かったで(適当
まあ現役の設備ですし、残っていてもおかしくはないと言った所かもしれませんが。

 

 

その点で言えば、今回の探索は色々発見がありましたね。灯台下暗しとはまさにこの事か。
きっかけがきっかけですし、適当に見回して帰ろうかと思ったのですが……気づけば汗だくになるまで歩き回りました。

まあ国鉄有馬線の存在自体は以前から気になっていましたし、今回はちょうど良い機会だったのかもしれませんね。
とことで、国鉄有馬線探索記・新道場編でした。

 

 

さあそれはそれとして、メモリアルトレインのリベンジを考えないと……